◇長編小説◇里見 蘭「漂白」連載第125回

◇長編小説◇里見 蘭「漂白」連載第125回
第七章──焦点 04
弁護士・志鶴の疑念は、警察と検察による無理筋の捜査と起訴だった。

「ではこうしないか。私と川村先生で、あくまで無実を主張するケース・セオリーに沿って、検察側に開示請求をする証拠をリストアップする。田口先生は、認定落ちのケース・セオリーに従って、開示請求する証拠のリストを作ってくれ。検察にはそのすべてを開示請求し、それぞれケース・セオリーを完成させたら増山さんに提案し、どちらを選ぶか決めてもらう。決まったら、恨みっこなし。どうだね?」

「――いいでしょう」レンズの奥で、田口の目が鋭さを増した。

 

「正直なところを話してくれ、川村君」

 田口が会議室を出ていき、二人きりになると、都築が言った。深みのあるまなざしがまっすぐにこちらの目を覗(のぞ)き込んでくる。志鶴は思わず身構えた。

「煙草の吸い殻は真犯人による偽装工作説、信じてるかね?」

「──はい」

「増山さんがそう主張したという話は聞いていない。世間でそんな話も出ていないようだ。君はなぜそう考えるに至った?」

 見透かされているような気がした。後藤みくるの顔が浮かぶ。

「論理的帰結です。DNA以外の証拠については、さっき田口先生に話したとおり。DNAについても、都築先生と同じ推論の筋道をたどっていました」

「──そうか」

「はい」都築の目を見返す。

「それならいい。自分の推論に穴があったらまずいと思って確かめさせてもらった」

「私が先生に迎合したと思われたのでしたら、不本意です」

「いや悪かった。君がそんな人間じゃないのは、よく知っているつもりだった」

「なら宥恕(ゆうじょ)しましょう。さて、目隠しビュッフェですが──」

 志鶴は、司法修習生時代、都築の事務所でエクスターンとして刑事弁護を学んだ。公判前整理手続での検察側に対する証拠開示請求を、都築は、目隠しをした状態でオーダー式のビュッフェ会場に連れてこられるようなものだ、とたとえた。

 検察が把握しているすべての証拠を、被告人や弁護人は見ることができない。そもそも何があるのかわからない。にもかかわらず、依頼者にとって少しでも有利な証拠をつかみ取る──すなわち開示させなければならない。食べたいものがあったとしても、オーダーしてみないとわからないビュッフェに等しい。

 全部見せてくれと頼んでそうしてくれるなら話は早い。が、現実はそういう運用になっていない。どんな証拠があるかを推測し、こちらから指定する必要があるのだ。同じ事件でも弁護人の力量によって、検察側から引き出せる証拠はまったく変わってしまう。証拠開示が有罪無罪を分かつと言われるゆえんだが、理不尽この上ない。最初から検察が全面開示すればそういう事態にはならないのだ。

「網を打ちます」志鶴は言った。「漏れがあれば言ってください」

(つづく)
連載第126回

 
里見 蘭(さとみ・らん)

1969年東京都生まれ。早稲田大学卒業。2004年、『獣のごとくひそやかに』で小説家デビュー。08年『彼女の知らない彼女』で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞。主な著書は、『さよなら、ベイビー』『ミリオンセラーガール』『ギャラリスト』『大神兄弟探偵社』『古書カフェすみれ屋と本のソムリエ』『天才詐欺師・夏目恭輔の善行日和』など。

武田綾乃「おはようおかえり 京は猫日和」 第9回「正常性バイアスうどん」
今月のイチオシ本【警察小説】