◇長編小説◇里見 蘭「漂白」連載第199回

◇長編小説◇里見 蘭「漂白」連載第199回
第10章──審理 45
尋問に先立ち、法廷ではDNA鑑定についての基礎知識が語られている。

 

DNA→染色体

 

「これも聞いたことあるよな? アホみたいに単純化して言うと、染色体ってのはDNAのことだ。テストでそう書いたら多分でっかくバツを食らうが、皆さんテスト受けるわけじゃないからこの場ではその理解で問題ない。じゃあなんで名前が違う? 簡単だ。答え──形が違うから。さっき説明したとおり、ふだんは糸のように細いDNAの二重らせんが、あるタイミングになると形を変える。そうめんを束にするような感じでぎゅーっと凝縮され、二十三本の太い束が対になった形になる。この状態を『染色体』と呼ぶわけだ」

 ディスプレイに染色体のモデル図が映し出された。

「見てのとおり二十三対の染色体は長さが異なる。この性質に着目して、一番長いものを第一染色体、次を第二染色体……と番号づけしたものが第二十二染色体まで。一番短い二十三番目の染色体には番号づけがされていない。なぜか。この染色体は特別な染色体だから。どう特別なのか。男女の性別を決定する役割を持っている。なので特別な名前がついてる──そう、性染色体」

 剱持はタッチペンで「性染色体」を囲った。

「この図にX、Yってあるよな。性染色体にはX染色体とY染色体の二種類がある。母親からは常にX染色体が受け継がれるが、父親からはX染色体かY染色体のどちらかが受け継がれる。父親から母親と同じX染色体を受け継ぐと女の子(XX)に、Y染色体を受け継ぐと男の子(XY)になる。ちょっとややこしくなったかな。大丈夫。あんまり深く考えなくてもそのうちわかる。さて、ここからいよいよDNA鑑定の話に入る──」

 

ローカス……染色体上の特定の遺伝子の位置のこと

 

「うん、ちょっと難しくなった。でもだんだんわかってくる。DNAってめちゃくちゃ長いってさっき言ったよな。二本の鎖が二つの塩基でつながってる真ん中の部分を『塩基対』って呼ぶんだけど、人間のDNAのすべての塩基対を合わせるとどれくらいの数になると思う?」

 

クイズ:人間のDNAのすべての塩基対の数は?
A 約3万  B 約30万  C 約300万  D 約30億

 

「知らなきゃわかんないよな? 答えは『D 約30億』。えーっ、そんなに!? そう、そんなにある。でもこの塩基対のすべてが遺伝情報ってわけじゃない」

 

ヒトの総塩基対……約30億
そのうち遺伝子……約22000

 

「少ないよな? DNAにずーっと膨大な塩基対が続いている中で、遺伝子は時々ぽつぽつと出現するイメージだ。で、この約二万二千の遺伝子が二十三対の染色体の中にばらけて収まっている。ここも深く考えなくていい。ここで総塩基対のことをいったん忘れて遺伝子だけに注目すると、じつは二万二千って結構多いよな? えっ、DNA鑑定って、この二万二千の遺伝子すべてを調べるの? そんなわけないよな。さすがにそれは大変だし無駄だ。っていうか、人間の場合、この二万二千の遺伝子の中の約九十九・九パーセントは共通しているからそこを調べてもまったく意味がない」

(つづく)
連載第200回

 
里見 蘭(さとみ・らん)

1969年東京都生まれ。早稲田大学卒業。2004年、『獣のごとくひそやかに』で小説家デビュー。08年『彼女の知らない彼女』で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞。主な著書は、『さよなら、ベイビー』『ミリオンセラーガール』『ギャラリスト』『大神兄弟探偵社』『古書カフェすみれ屋と本のソムリエ』『天才詐欺師・夏目恭輔の善行日和』など。

採れたて本!【ノンフィクション】
# BOOK LOVER*第7回* 薄井シンシア