◇長編小説◇里見 蘭「漂白」連載第34回

◇長編小説◇里見 蘭「漂白」連載第34回
第二章──窒息 10
増山を乗せた"列車"には、「実刑」以外に三つの終点がある──。

 ファイルから、針なしのステープラーでA4のプリントを数枚綴(と)じた書面を取り出した。表紙には「身体を拘束されている方に」と書かれている。東京三弁護士会刑事弁護センターがひな型を作った資料だ。

 表紙をめくると「1 逮捕後の手続について」という文字と、シンプルなフローチャートが見える。増山の方に向け、アクリル板に押し当てた。チャートは、「逮捕」で始まり、次のページで、「判決」を経て「有罪」だった場合の「執行猶予(釈放)」「実刑」で終わっている。その右側には文章による補足が書かれている。

 チャートを見せながら、流れを簡潔に説明する。

「この書類は、あとで差し入れておきます。もし気になるようでしたら、担当さんにお願いして読ませてもらってみてください」

 書面をカウンターに置いた。

「さて、これで今日の三つのテーマが二つ終わりました。最後のテーマ──増山さんを手助けするために、これからどうしたらいいかを相談しましょう。増山さんのお考えはありますか?」

 増山は腕組みをして下を向いた。しばらくして顔を上げた。

「やっぱり……本当はやってません、って言った方がいいんじゃないかな」

 あまり確信は持てずにいるようだ。

「なるほど。そういう考えもあるかもしれませんね」

「──川村さんは、どう思うわけ?」

「私の意見を言う前に、私と増山さんの間で、目指すべき勝利を決めたいんですが、いいですか?」

「勝利……?」

「さっき、刑事手続を列車にたとえて話しましたよね? このまま行けば、増山さんは、列車を降りられないまま裁判にかけられ、有罪にされてしまう可能性が高い。それが日本の現実です。でも、増山さんは身に覚えがない。自白してしまったけれど、それは取調官に強引に言わされたから。罪を認めるつもりはないし、一刻も早く、お母様の待つ家に帰りたい。ですよね?」

 増山はうなずいた。

「であれば、昨日も言ったと思いますが、闘って勝利を勝ち取るしか道はありません」

「闘うって……誰と?」

「国家権力です。具体的には、刑事司法を担う警察、検察、裁判所。この三つの組織が、すべて増山さんと弁護人を打ち負かそうとする敵になります」

 増山は、口を丸くした。戸惑っているようだ。

次記事
前記事
里見 蘭(さとみ・らん)

1969年東京都生まれ。早稲田大学卒業。2004年、『獣のごとくひそやかに』で小説家デビュー。08年『彼女の知らない彼女』で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞。主な著書は、『さよなら、ベイビー』『ミリオンセラーガール』『ギャラリスト』『大神兄弟探偵社』『古書カフェすみれ屋と本のソムリエ』『天才詐欺師・夏目恭輔の善行日和』など。