◇長編小説◇里見 蘭「漂白」連載第42回

◇長編小説◇里見 蘭「漂白」連載第42回
第二章──窒息 18
検事調べのようすを嬉々として語る増山。志鶴の目の前は一気に暗くなる。


 増山は自宅から勤務先の新聞販売店まで、自分のスクーターで通っている。新聞もそのスクーターで配達している。増山の母親から聞いていた。

「スクーターは、河川敷には入れないんですか?」

「入口の柵に鍵かかってて、車も進入禁止になってる」

「なるほど」メモを取った。「それから、どんな話を?」

「でも、仕事場への行き帰りでは、荒川を通ってるよね、って言われた。そのとおりだから、はい、って。今度は、俺の家から販売店まで、俺が通ってるルートを地図に書けってペンを渡されたから、書いた」

 志鶴はスマホを取り出して地図アプリを起(た)ち上げ、増山の家の周辺を表示させた。画面を増山に向け、細かく操作して、綾瀬にある家から千住にある新聞販売店までの増山の通勤ルートを確認し、記録する。

 同じ足立区内でも、家と職場の間は荒川で隔てられている。細かな道は気分しだいで変えることもあるが、川を渡るのに千住新橋という橋を通ることは決めているという。

「そのあと、検事さんに、いつも仕事場への行き帰りに渡ってる橋と死体遺棄現場は近いね、って言われた。橋の上から見える場所だよね、って」

 地図アプリで確かめると、千住新橋から増山の言うグラウンドまでの距離は、四、五百メートルくらいに見える。

「俺は、そうですね、って答えた。そしたら、本当に最近、グラウンドの方まで行ってないの、って訊かれた。スクーターを降りたら、すぐ入れるでしょう、って。そうですけど、めんどくさいし、降りる理由もないので行ってません、って答えた。じゃあ、グラウンドの近くじゃなくてもいいから、河川敷に出たことは? って訊かれて、それもありません、て答えたら、本当だね、って念を押された。えーと……あとは、ソフトボールの試合を観て、また、十六年前と同じように──ムラムラ? したりしなかったの、って」

 増山の顔に不自然な笑みが浮かんだ。

「さっきも言ったけど、それは男として健康な証拠だから、恥ずかしがらなくていいんだよ、俺には正直に話してよ、って。だから……ちょっとそうなったかもしれないです、って答えた」

 増山がまばたきした。

「まあ、そんな感じになったからって、十六年前とは違って、学校に入ったりしようとか、何かしようとは思いませんでした、ってすぐフォローしたけどさ。実際、すぐ家に帰ったし、検事さんにもそう言った。そしたら、その日はすぐ帰った、でも、他の日に、星栄中の近くで、ソフトボール部の部員が出てくるのを待っていなかったか、って訊かれた。そんなことしてないから、してません、って答えた──」

 増山の背後で鉄扉が開いて、制服警官が現れた。

「足立南37号。時間だ」

 増山は振り返り、「はい」と答えながら立ち上がった。

「ちょっと待ってください」あわてて声をあげる。「話はまだ──増山さん!」

 増山がこちらに顔を向ける。

「明日は裁判所で裁判官から話を聞かれることになると思います。忘れないでください、基本は黙秘です。それと──検察官は味方じゃない、敵です!」

 増山が顔をゆがめ、そむけた。そのまま警察官が待つドアへと向かうと、鉄扉のなかに吸い込まれた。

(つづく)

連載第43回

里見 蘭(さとみ・らん)

1969年東京都生まれ。早稲田大学卒業。2004年、『獣のごとくひそやかに』で小説家デビュー。08年『彼女の知らない彼女』で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞。主な著書は、『さよなら、ベイビー』『ミリオンセラーガール』『ギャラリスト』『大神兄弟探偵社』『古書カフェすみれ屋と本のソムリエ』『天才詐欺師・夏目恭輔の善行日和』など。

◎編集者コラム◎ 『小説 映画  空母いぶき』大石直紀
◎編集者コラム◎ 『小説 ホットギミック ガールミーツボーイ』(豊田美加 原作/相原実貴 脚本・監督/山戸結希)