伊岡 瞬

 不幸の香りがする男性が好きだ。どことなく影のある人に惹かれるのだ。品行方正、清廉潔白というよりも、少し悪そうなほうがいい。シャツのボタンを一番上まできっちりとめている優等生よりも、学ランの下から赤いトレーナーが見えている不良っぽい子を。
思い出の味 ◈ 伊岡 瞬
 大学三年生の夏休みに、学友六人(全員男)で北海道を旅行した。移動手段は、メンバーの親から借りた都合二台の車だ。うち二名は、東北の実家に帰省中だったので、東京方面から北上する途中で合流する。ついでに、そのうちの一軒にひと晩泊めてもらうことになっていた。当時もおそらく今も、学生は節約旅だ。雨風がしのげて、
伊岡 瞬さん『不審者』
 遠縁の男に人生を翻弄される弁護士を描いた『代償』など、家族を軸にした骨太のミステリーで、ベストセラーを連発している伊岡瞬さん。最新刊『不審者』も、秋の刊行からたちまち大反響となっています。平凡だった家族に、不審な男が入りこんでくる、緊迫感に満ちた長編。次々に明かされる衝撃の事実と、まさかのラストに、