太宰 治

 ウイルスの感染拡大を抑止するため、人との身体的距離を空けることを推奨する「ソーシャル・ディスタンス」は、その耳慣れなさも相まって急速に定着したが、本来は親密性の程度を表す社会学用語であり、つながりは保つべきという意味で、「フィジカル・ディスタンシング」への言い換えをはかる動きがある。
◎編集者コラム◎ 『今読みたい太宰治私小説集』太宰 治
小さい頃から大好きだった、老舗の和菓子屋さん。誰もが「美味しい」と認めながらちょっとイマドキ感には欠けるかな、というおやつ。たとえば、福砂屋のカステラ。それが今では「フクサヤキューブ」という、ポップでカラフルなボックスに小分けのカステラを詰めて、おしゃれでカジュアルなイマドキの手土産に変身したように。