篠 綾子

◎編集者コラム◎ 『たまもかる 万葉集歌解き譚』篠 綾子
 万葉集は誰もが知っているけれど、約4,500首もあるという和歌については、教科書以外では読んだことのない人も多いのでは。本書は、『からころも 万葉集歌解き譚』に続いて、万葉集の世界を味わうことができ
editor_04
◎編集者コラム◎  わが国最古の歌集である万葉集。短歌をはじめとする4,500首の和歌が収録されています。『万葉集』といえば、元号「令和」が、万葉集に書かれた一節を基にしたものだと判って話題になり
shosetsumaru_sansho_
 ◎編集者コラム◎  先頃、篠綾子さんの『青山に在り』が日本歴史時代作家協会賞(作品賞)を受賞されました。時代小説界にあって、篠さんはますます注目度が増している書き手となっています。  さて4作目
shosetsumaru_sansho_
 ◎編集者コラム◎ 「絵草紙屋万葉堂」シリーズも、本シリーズで3作目となりました。絵草紙屋の売り上げが芳しくないなか、瓦版(読売)作成・販売を始めた万葉堂。今回、さつきと兄の喜重郎が考えたのが出版
shosetsumaru_sansho_
 ◎編集者コラム◎  皆さんは、明治時代以前における女流作家というと誰を思い浮かべるでしょうか。すぐに名前が出てくるのは、紫式部や清少納言といった平安時代の人物ではないでしょうか。さらに言うと、二百