辻 真先

 山田風太郎の小説は、デビュー作から多くをリアルタイムで読みつづけた。ミステリ作家だからドンデン返しの妙に唸らされたものも数多いが、読後しばし茫然としたドンデン返しなら「外道忍法帖」がある。シリーズ中では忍者の登場人数が最大級で.三つ巴の乱戦模様を呈する。