連載小説

日々めまぐるしく変わる世界情勢。トランプ新大統領の強引とも言える政策や発言に、各国首脳の出方に対して今まで以上に注目が集まります。そんな動静を迅速かつ正確に伝えるのが「総理番」の仕事。大好評の連載の第
トランプ新政権のスタートで、為替の値動きや、各国の米国へのハードな対応などに日々変化が見られ、日本でも、安倍総理大臣の動向から目が離せません。大好評の連載の第9回目は、多忙を極める総理の一日に注目。池
芥川賞作家・三田誠広が、小説の書き方をわかりやすく実践講義!連載第12回目は、林真理子の『最終便に間に合えば』について。大人の孤独と狡猾さを表現した、直木賞受賞作を分析・解説します。【今回の作品】 林
アメリカではいよいよトランプ大統領が就任。国家のリーダーの動静に注目が集まります。好評の連載の第8回目は、総理大臣を取材する記者たちの間で使われる「ぶら下がり」という言葉、その意味とは? 池上彰氏がわ
イスラム過激派によるテロの恐怖に怯える一方で、世界の四人に一人がイスラム教徒といわれる現在。できることならイスラムとなかよくつきあっていきたい。そのためには、どうすればいいのか。イスラム研究の第一人者
毎回好評の大人気連載「総理の秘密」の7回目は、「総理秘書官」について。日本の最高権力者、総理大臣を支える要職であるが、いったいどのような経緯で誰が選ばれるのだろうか? 池上彰がわかりやすく解説! 知っ
芥川賞作家・三田誠広が、小説の書き方をわかりやすく実践講義!連載第11回目は、山田詠美の『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』について。時代を投影したポップな作品が評価された背景を分析します。【
NY在住のジャーナリスト・佐藤則男が紹介する、アメリカのベストセラー事情と、注目の一作をピックアップするコラムの14回目。今回は、ヒットメーカー、ジョン・グリシャムによる新作小説に注目します。<第14
大きな反響を呼んでいる人気連載「総理の秘密」の6回目は、「イギリス議会と女王の関係」について解説。イギリスの議会は、日本の議会とは異なる歴史の中で成立してきた。イギリスにおいて忘れてはならないのは「女
大好評の連載「総理の秘密」の5回目は、「首相と大統領の違い」について解説する「後編」。行政のトップが各国によって異なることは、前回までのコラムで触れた通りだが、では、大統領と首相、果たしてどちらのほう
芥川賞作家・三田誠広が、小説の書き方をわかりやすく実践講義!連載第10回目は、笹倉明の『遠い国からの殺人者』について。経済大国の底辺に生きる女性たちを真摯に描いた作品の素晴らしさと、面白さをクローズア
大好評の連載の4回目。前回に続き、「首相と大統領の違い」について、ジャーナリストの池上彰がわかりやすく解説!たとえば、各国における「国家元首」とは誰なのか? 日本の場合は? 政治的な力を持つ要職は、国
NY在住のジャーナリスト・佐藤則男が紹介する、アメリカのベストセラー事情と、注目の一作をピックアップするコラムの13回目。今回は、ジャック・リーチャーシリーズ21作目の話題作に注目します。<第13回>
怪獣、麻薬、海賊、ゲリラ……。辺境・秘境民族への体当たり取材で、前人未到のノンフィクションの境地を切り拓いてきた高野秀行氏。新たなテーマは謎に包まれたアジア納豆!  第七回 怪獣と納豆、謎
早くも大好評の連載「総理の秘密」の3回目。ロシアのプーチン大統領が来日し、北方領土問題など、日本を取り巻く世界の情勢は日々動いている。さて、1回目のテーマで「総理と首相の違い」について述べたが、では、
「爪と目」で第149回芥川賞受賞作家となった藤野可織さんがおすすめする、「子どもを主人公に据えた海外文学」3作品。子どもならではの鮮烈な〈生〉の感覚を通じて、読者に見えてくるものとは……?読書を通じて
早くも大反響の連載「総理の秘密」の2回目。韓国の朴槿恵政権の動向や、アメリカのトランプ政権スタートに向けての動きなどに世界中の注目が集まる中、日本の総理大臣の動静からも目が離せない。そこで、総理にまつ
芥川賞作家・三田誠広が、小説の書き方をわかりやすく実践講義!連載第9回目は、角田光代『対岸の彼女』について。直木賞を受賞したこの作品に見る、苦みと面白さのバランスの秀逸さなどを語ります。【今回の作品】