◇長編小説◇白石一文「道」連載第1回
第一部 1 二〇二一年二月十九日金曜日。帰宅は午後十一時過ぎだった。今週はシフトをずらして、夕方には帰宅できるようにしていたが、今朝、出勤してみると三日前に出荷したデコレーションケーキのクリームに糸くず状の異物が混入していたとのクレームが発生しており、慌ててラインをストップしてスタッフ総動員で原因究明に当たらなくてはな