読みきり小説

「超短編!大どんでん返し」第9話
第9話 池田克彦「運命の人」 十年会っていなくても、彼女と結ばれることは分か…
小原 晩「はだかのせなかにほっぺたつけて」第9話
第9話「コンビニ店員」 君がほんとうに好きなのは発泡酒と鶏そぼろ丼、君が興味…
小原 晩「はだかのせなかにほっぺたつけて」第8話
第8話「だらだら」 窓辺にテーブルを置いてよかった。陽光に照らされたトマトパ…
小原 晩「はだかのせなかにほっぺたつけて」第7話
第7話「まるまった妻」 肉体関係はありませんでしたけど、恋愛関係ではありまし…
「超短編!大どんでん返し」第8話
第8話 逸木裕「思い出の家」 思い出の家を訪れたのには、いくつかの理由があっ…
小原 晩「はだかのせなかにほっぺたつけて」第6話
第6話「熱い紅茶をほっといて」 のって、と言われるので、あなたの上にのる。あ…
超短編!大どんでん返しExcellent 第7話
第7話 三津田信三「四屍の如き断つもの」 「この獅子神堂に於いて、猪苅家の壽…
小原晩「はだかのせなかにほっぺたつけて」第5話
第5話「ふたりのかたち」 付き合って八年になります。私が酒に酔って帰ると、彼…
小原晩「はだかのせなかにほっぺたつけて」第4話
第4話「はすむかい」 そのバーは坂の下にある古いたてものの二階にあった。扉を…
超短編!大どんでん返しexcellent6
第6話 三崎亜記「扉を守る者」 人は誰しも、自らの来し方を振り返って、「もし…
小原晩「はだかのせなかにほっぺたつけて」第3話
第3話「反省会」 (使い捨てみたいに当たり前のようにそんなふうにやめて、捨て…
小原晩「はだかのせなかにほっぺたつけて」第2話
第2話「奥さん」 まずはほら魚をちゃちゃっと揚げちゃうわけ。それから、片栗粉…
小原晩「はだかのせなかにほっぺたつけて」第1話
第1話「冬服」 ふざけた女ですよ。だって、まず、おかしいでしょう。いきなり出…
「超短編!大どんでん返しExcellent」第5話
第5話 麻加 朋「悪魔さんが来た」 「先生がこれを理奈さんに渡して欲しいと」…
「超短編!大どんでん返し」第4話
第4話 木爾チレン「つまらない夫が死んだ」 つまらない夫が死んだ。結婚して、…
超短編!大どんでん返しExcellent第3話
第3話 降田天「おばあちゃんといっしょ」 ぷしゅうという音をたててドアが開く…
「超短編!大どんでん返しExcellent」第2回
第2話 森バジル「奢る奢らない論争」 「え、これもしかして俺が払う流れ?」何…
「超短編!大どんでん返しExcellent」第1話
第1話 五十嵐律人「黒の残響」 これは、僕が黒猫を迎え入れるまでの話である。…