本と私

瀬川さん
  ──一般に、将棋のプロになるには日本将棋連盟の養成機関「奨励会」に入り、26歳までに四段に昇段しなければならない。しかし瀬川さんは奨励会退会後に各種アマチュア棋戦で結果を残した後に嘆願書
石黒さん
  ──ロボット工学の独創的な研究で知られる石黒教授は子どもの頃から集中力がずば抜けていた。  幼い頃から、画家になりたいと思っていたんです。小学校低学年の頃は授業中も先生の話を聞かずに絵の
水野さん
──「東京カリ~番長」「東京スパイス番長」主宰として、カレーにまつわる活動をし続けてきた水野仁輔さん。その原点は、幼少期にまで遡る。  僕は静岡県浜松市の出身で、5歳の時に地元にあったインドカレー店「
小松美羽さん
──小松美羽さんが一躍脚光を浴びたのは、大学生の時に制作した銅版画『四十九日』だった。  20歳の作品です。その頃に実家に住む祖父が亡くなり、人の死とは何かを見せてくれました。不謹慎かもしれませんが、
尾崎浩司
    ──数々の文化的伝説に彩られてきた「バー・ラジオ」。その重厚な扉を開けると、尾崎浩司さんの美意識に貫かれた空間が広がる。  私は16歳のころからお茶とお花を習ってきました。
福田進一さん
 福田進一さんは25歳の時に パリ国際ギター・コンクールで優勝して以来、世界30カ国以上でリサイタルを開催し、 日本のクラシック・ギター界を牽引してきた。  同時に教育活動にも力を注ぎ、 その門下か