おすすめ

NEW
今月のイチオシ本【ノンフィクション】
 前作『謎のアジア納豆そして帰ってきた〈日本納豆〉』(新潮文庫)で納豆は日本人だけの食べ物ではない、と証明した著者だが、アジアだけでなくアフリカにも納豆のようなうま味調味料があると聞き及び、調査に赴
今月のイチオシ本【エンタメ小説】
 まず最初に言っておきます。本書を読むにあたっては、空腹時を避けるべし! 空きっ腹にしみすぎて悶え苦しむことになります。ほどよく小腹を満たしてから、お読みくださいませ。  本書の主人公は二人。一人は、
HKT48田島芽瑠の「読メル幸せ」
10月になりました👻段々と肌寒くなってきて、羽織りが必要な季節になってきましたね。 10月といえば…ハロウィン!!!!!毎年特に何かする訳ではないのですが、イベント事にはワクワクしてしまう性分でして…
今月のイチオシ本【警察小説】
 この夏話題になったTVドラマに『MIU404』がある。MIUとは〝Mobile Investigative Unit〟の略称。すなわち犯罪事件の初動捜査に当たる警視庁機動捜査隊の活躍を描いたドラマ
◎編集者コラム◎ 『私はあなたの記憶のなかに』角田光代
 1990年代末~2008年にかけてのこの時期(直木賞受賞は2005年)、角田さんはあらゆる媒体からの依頼にすべて応えるという旺盛な執筆活動を実践したのでした。自ら「千本ノック」と名づけて数多くの短篇
◎編集者コラム◎ 『若殿八方破れ(二) 木曽の神隠し』鈴木英治
 累計20万部突破!「突きの鬼一」シリーズの鈴木英治先生が描く傑作廻国時代小説「若殿八方破れ」、待望の第2巻が発売されました!  今回も「突きの鬼一」シリーズを担当する鬼の編集者、通称・鬼担――ではな
◎編集者コラム◎ 『付添い屋・六平太 猫又の巻 祟られ女』金子成人
 累計40万部を突破した金子成人さんの大人気シリーズ、「付添い屋・六平太」の第14弾が発売となりました!  今作は14巻目にして初めての夜空が背景!星雲輝く夜空に男女の着物が映えて素敵ですね~!  カ
◎編集者コラム◎ 『たまもかる 万葉集歌解き譚』篠 綾子
 万葉集は誰もが知っているけれど、約4,500首もあるという和歌については、教科書以外では読んだことのない人も多いのでは。本書は、『からころも 万葉集歌解き譚』に続いて、万葉集の世界を味わうことができ
◎編集者コラム◎ 『私はスカーレット Ⅲ』林 真理子
 お待たせ致しました! 名作『風と共に去りぬ』を林真理子さんがヒロインの一人称で大胆に超訳した小説『私はスカーレット Ⅲ』をお届けします。 「ドラマティック」とはこういうことを言うのだ、というくらい、
今月の一冊『なぜ私は生きているか』(ヨゼフ・ルクル・ フロマートカ/著 佐藤優/訳)  英国の歴史学者エリック・ホブズボーム(1917〜2012年)は、意味の上での19世紀は、100年よりも長いと主
HKT48田島芽瑠の「読メル幸せ」
9月になりました🍂 早いものでもう9月😳 驚きを隠せません。 どんな世界でも時間は同じように動いてて、どこか置いてきぼりになってる気がしてしまう。そんな年もあって良いのかなと思う反面、貴重な20歳とい
editor_10
◎編集者コラム◎  あなたには、思い出のスープ、ありますか?  高級フレンチのコンソメスープも、豪華食材のフカヒレスープもかなわない。そんな素敵な一皿が、この物語には登場します。その名も「月のスープ
editor_11
◎編集者コラム◎  本作の元になった「泣いたり晴れたり」は、第1回日本おいしい小説大賞の応募作の一つだ。登場人物たちがとても魅力的だった。健やかで眩しかったが、茶目っけもあって好感がもてた。物語は、
editor_09
◎編集者コラム◎ 〈ラーメンと、サラリーマンと、ホームラン。〉  著者・一柳さんとの打ち合わせ場所は決まっています。新宿西口大ガード近く、昼前からお酒が飲める焼き鳥屋。都内では見かけないある銘柄のビ
editor_08
◎編集者コラム◎  私が本書の著者である伊多波碧さんにお目に掛かったのは、ある文学賞の授賞式の会場でした。「紹介したい方がいます」と文芸評論家の菊池仁さんが声を掛けてくださり、他社の編集者の方と一
editor_07
◎編集者コラム◎ 「家族は犯罪のもと!」のメッセージが心に刺さる。「こんなに面白い本10年間も眠らせていて すみません!」──そんなインパクトのある謝罪文が帯に踊る『誤算』は、第27回横溝正史ミス
editor_06
◎編集者コラム◎  お待たせしました。2019年「ガラスの鍵」賞受賞作『娘を呑んだ道』(原題:Silvervägen)が、いよいよ刊行です。「ガラスの鍵」賞? ここでは、そのあたりから話をはじめま
editor_05
◎編集者コラム◎ 「女子野球アニメの金字塔」との呼び声高いアニメ版がネット配信されてからというもの、Twitter上で大いに盛り上がっている今日この頃の「大正野球娘。」。  池端隆史監督もTwit