連載小説

◇長編小説◇里見 蘭「漂白」連載第135回
「はい。弁護人は今、問題となった証拠に違法収集証拠排除法則を適用しようとしていますが、まさしく弁護人が示したように、憲法及び刑訴法は特別に規定を設けて自白の証拠能力に厳しい規制――自白法則――を設定していることを考えると、自白の証拠能力はその範囲で否定するのが法の趣旨であると解するのが自然であって、それを超えて違法収集
◇長編小説◇里見 蘭「漂白」連載第134回
「漂白」目次  公判前整理手続はたんに公判の期日等を決めたり調整したりするだけの場ではない。刑事裁判において最も重要な証拠の採用を巡り検察側と弁護側との攻防は始まっている。能城のようにこれ
◇長編小説◇里見 蘭「漂白」連載第133回
「漂白」目次  都築は書記官に目を向けた。「記録してるか?」 「え……」いきなり水を向けられた男性書記官は動揺した。 「これまでのやり取り、すべてちゃんと記録してるか訊いている
◇長編小説◇里見 蘭「漂白」連載第132回
 八月六日。東京地裁の法廷に、裁判長を始めとする三人の裁判官と書記官、三人の公判担当検事、志鶴、都築賢造、田口司の三人の弁護団の他、被告人である増山淳彦本人も初めて出頭していた。
◇長編小説◇里見 蘭「漂白」連載第131回
 書類を読んでいるだけで息が詰まりそうになる。起訴前、志鶴は一度岩切本人と直接対峙した。結果的には失敗したが、岩切が増山の身柄の勾留を裁判所へ請求するのを防ごうと東京地検の執務室へ乗り込んだ。岩切はその場で、むごたらしく命と尊厳を踏みにじられた綿貫絵里香の理不尽な死を悼み、犯人への激しい憤りを志鶴にぶつけてきた。
◇長編小説◇里見 蘭「漂白」連載第130回
「漂白」目次  類型証拠として検察官に開示請求した証拠のリストと開示された証拠とを突き合わせて漏れがないかを確認し、実際に開示された証拠、該当する証拠なしと回答されたものについてはそれに合
◇長編小説◇藤谷 治「ニコデモ 風は思いのままに吹く」連載第13回
「ニコデモ 風は思いのままに吹く」連載一覧  椰子(やし)の葉ずれ、鳥の羽ばたき、猿の咆哮(ほうこう)といった遠い音は、もう耳慣れてしまって、聞こえていても無音と同じだった。聞くべき音、聞
◇長編小説◇里見 蘭「漂白」連載第129回
 証拠資料が入った段ボールを会議室へ運び込むと、三浦俊也はまず検察官の証明予定事実記載書に目を通した。
◇長編小説◇里見 蘭「漂白」連載第128回
 ブルーレイディスクをトレイに載せデスクトップパソコンに挿入。息をこらして画面を見つめる。星栄中学校で行われたソフトボールの試合映像。三脚で固定されているらしきカメラは、ホームベースの背後からグラウンドを捉えている。映像は、後攻のチームが守備位置についたところから始まっていた。
◇長編小説◇藤谷 治「ニコデモ 風は思いのままに吹く」連載第12回
「ニコデモ 風は思いのままに吹く」連載一覧    それは国富(くにとみ)に来た初めての戦死公報だった。戦死ではなく戦病死だったが、村の者は誰も、憲兵たちや村長さえ、そんな違いは気にも
◇長編小説◇里見 蘭「漂白」連載第127回
「漂白」目次 「あと気になるのは目撃証言だな」都築が言った。「検察は、増山さんの目撃証言を請求したが、あれだけの大きな事件で大量の捜査員を投入したんだから、事件直後には大量の目撃証言があっ
◇長編小説◇里見 蘭「漂白」連載第126回
「漂白」目次  ノートパソコンにワープロソフトを起(た)ち上げ、「1 被告人について」と打ち込んでいく。  検察の主張を崩すストーリーの大筋が、志鶴と都築との間で一致を見た今、志鶴が
◇長編小説◇藤谷 治「ニコデモ 風は思いのままに吹く」連載第11回
「私はすぐ行かなければなりません」アッレは言った。「伝言があります」「元気だったのか」 そう言いながらニコデモは、この女が警察に尾行されたのではないかと恐れた。ことによると、ここに匿(かくま)ってくれなどと言い出しはしないか。
◇長編小説◇里見 蘭「漂白」連載第125回
「漂白」目次  志鶴と田口は静かに対峙(たいじ)した。  トキオの存在を聞いたうえでのこじつけではない。約半年の間を置いて起こった、二件の殺人死体遺棄事件。警察はなかなか被疑者を絞れ
上流階級その3 14回
 お歳暮の手配を終え、事務方にリストを回すだけでもなかなかの分量。成人式を迎えられるお子さんのための、オーダーメイドのお着物が仕上がってくる季節でもある。着物はある程度の体型や体重の増減に合
◇長編小説◇里見 蘭「漂白」連載第124回
「漂白」目次  都築の声が、法廷で弁論するときのように熱を帯びてきた。志鶴の胸の鼓動が高まる。  田口は一瞬気圧(けお)されたようだったが、すぐに無表情の仮面をつけ直した。「ではなぜ
上流階級 第13回
 今日は雨なのでランニングにも行かず、家で英語のスカイプレッスンをしていたという桝家は、静緒がバッグの中から物件の資料を出すと、驚いた顔をした。 「ほんとに家買うんですか?」 「
◇長編小説◇藤谷 治「ニコデモ 風は思いのままに吹く」連載第10回
「ニコデモ 風は思いのままに吹く」連載一覧    そしてベッドから起き上がって服を着終えた時から、ニコデモの生活は一変した。靴紐(くつひも)を結び終えてもいないうちからノックの音がし