◎編集者コラム◎ 『バタフライ・エフェクト T県警警務部事件課』松嶋智左

◎編集者コラム◎

『バタフライ・エフェクト T県警警務部事件課』松嶋智左


『バタフライ・エフェクト』編集者コラム
書店用POPも作ってもらいました!
店頭で見かけたら、ぜひお手に取ってください。

 勤め人の引き際、ということを考えることがあります。いずれ来る退職の日までに、何を成せるのか、何を残せるのか。松嶋智左さんにお会いしたときに、お伺いしたのは、「警察官の引き際って、どんな感じなんですかね」ということでした。

 松嶋智左さんは、元警察官で、日本初の女性白バイ隊員でもあります。現在、警察小説を中心に作品を精力的に発表し、注目を集める作家となりました。女性として、また警官として、一つの区切りが見えてきたときに思うこと。松嶋さんが書いたら、絶対面白いものになる。お話ししていてそう確信しました。

 そして出来上がったのが今作『バタフライ・エフェクト T県警警務部事件課』です。

 主人公の明堂薫は定年退職を目前に控えたタイミングで、県警警務部に新設された「事件課」に配属されます。警察官人生に穏やかに幕をひこうと思っていた矢先の異動。若い頃のたぎるような情熱はもはやなく、若手とのジェネレーションギャップもあり、憂鬱な気分さえ漂います。一方プライベートでは独立した息子と時々会うことが息抜き。夫とは、すでに離婚して長い。仕事に血道を上げ、家庭を顧みなかった結果、夫は他の女との家庭を作ることを選んだのです。そうさせてしまった自分への嫌悪は、いまだに抜けない……そんな女の晩年への屈託も、リアルな手触りをもって描かれます。しかも、それが薫だけではないのが面白いところ。受験生の娘との関係がうまくゆかず悩む母親。自分の彼氏のことを明るく話す若手に、苛立ちを募らせるエリート女性警官。

 そんな彼女たちがあたるのは、所轄で起きた若手警官の自殺の捜査。仕事への熱量も、資質もばらばらなメンバーを、薫はどうまとめ、捜査を進めていくのか。マネージメントの部分を描いているのも、本書の面白さのひとつです。

 折に触れて噴出する、警察官としての正義、矜持がまたひとつの読みどころ。胸が熱くなるシーンも多く、原稿を初読した時は、その感動にしばし余韻に浸ったものでした。

 警察小説ファンの皆さんにはもちろん、女性読者、とくに働く女性には共感できるところがたくさんあるはず。サスペンス、アクションも満載でエンタメ的魅力も満点。おすすめです。

──『バタフライ・エフェクト T県警警務部事件課』担当者より

バタフライ・エフェクト T県警警務部事件課

『バタフライ・エフェクト T県警警務部事件課
松嶋智左

ハクマン 部屋と締切(デッドエンド)と私 第95回
ゲスト/岩田 徹さん◇書店員が気になった本!の著者と本のテーマについて語りまくって日々のモヤモヤを解きほぐしながらこれからの生き方と社会について考える対談◇第18回