◎編集者コラム◎ 『パーフェクト・クオーツ 北の水晶』五條 瑛

◎編集者コラム◎

『パーフェクト・クオーツ 北の水晶』五條 瑛


『パーフェクト・クオーツ』カバー帯

 本書の刊行にあわせて「本の窓」というPR誌に、著者がこんな文章を寄せてくださった。本書『パーフェクト・クオーツ』のシリーズが、一部のファンから〝鉱物シリーズ〟と呼ばれていることについて──。

 

「つい先日、なぜ鉱物名をタイトルに使っているのかという質問を受けた。
 なぜかというと、あまり知られていないが、実は北朝鮮はアジアでも有数の資源大国といえるほど、豊富な鉱物資源を有していると言われている。しかもまだほとんど手つかずの状態で‥‥。
 韓国の統計では、北朝鮮の鉱物資源は韓国の十五倍以上で、およそ二百種類の鉱物資源の埋蔵があるということだ。特にあらゆる産業で需要の多いマグネサイトの埋蔵量は世界一位(これは世界埋蔵量の半分に当たる量らしい)で、他にも石炭、タングステンなどが豊富で、さらにウランについては正確な埋蔵量が測定不能なほどの埋蔵があると推測されているらしい。
 となれば、鉱物資源量のもたらす潜在的〝国力〟は日本や韓国が太刀打ち出来ないほど北朝鮮の方が大きいということになる。だが、これらはあくまでも〝埋蔵されている〟だけで、実際に採掘から必要な加工、処理を施して流通に乗せるまでには、莫大な資金と技術が必要だ。幸か不幸か、いまの北朝鮮にはそれがないために、いまだにそのほとんどが手つかずの状態になっているというわけだが、韓国がことあるごとに『南北統一が実現すれば日本など敵じゃない!』と鼻息を荒くするのも、北朝鮮が有するとされる、自国で開発しきれないほど豊富な鉱物資源の存在を見越してのことだろう」

 

 恥をしのんで言えば、編集担当者もこのことは知らなかった。著者がタイトルに込めた考えに思いが至っていなかった。なるほど、と肯くばかりだった。

 

 本書の事件は、もちろん国際社会を騒がせたあの「暗殺事件」を彷彿とさせる。しかしそれは単なる後継者争いではなかったはずなのだ。なぜならば、覇権はもう異母弟のものになっていたからだ。ではなぜあの長男は暗殺されてしまったのか?

「他の血を残しておけば、それは必ずや新たな災いを呼び起こす。誰かがその血を利用しようとするからだ」

 暗示的なプロローグから始まる物語を、ぜひ読んでみていただきたい。名作と賞される前作『スリー・アゲーツ 二つの家族』待望の続編が、いよいよ文庫で登場する!

──『パーフェクト・クオーツ 北の水晶』担当者より
 

今月のイチオシ本【ノンフィクション】
◎編集者コラム◎ 『駆け込み船宿帖 ぬくもり湯やっこ』澤見 彰