旅行鞄にそっと忍ばせたい本

旅行先での読書は、自宅での読書より、ちょっと贅沢──
書店員名前
紀伊國屋書店鹿児島店(鹿児島)花田吉隆さん

 突然ですが、私は旅先で本を読むのがとても好きです。旅行に行くときは決まって旅行鞄に本を忍ばせています。ちなみに今鞄に入れっぱなしにしているのは松本清張の『日本の黒い霧』です。そんなわけで今回は旅行鞄にそっと忍ばせたい本を3点ご紹介したいと思います。

 家にいると読みたい本が次から次に出てくるので続きが気になるけどなかなか手が伸びない本ってありませんか? 旅行先ではその1冊しか手元にないので自然とその本と向き合うことが出来ます。作家さんが執筆のために旅館に泊まったりしますが、私は本を1冊持って旅館に泊まることを逆カンヅメと呼んでいます。ということで私が逆カンヅメ状態で読了した本が『心臓を貫かれて』マイケル・ギルモア著、村上春樹訳)です。アメリカのノンフィクションで、村上春樹氏が翻訳をしたことで、どこかカポーティの『冷血」を思わせる筆致に仕上がっています。兄である死刑囚のゲイリー・ギルモアについて、その弟が記した一家の記憶。いつかは読み終わりたいと思い常に旅行鞄に潜ませていた一冊です。

shinzo

文春文庫 定価:本体760円+税

 旅行という非日常の時間・空間の中で読むことで、より一層作品に引き込まれる作品もあります。中島敦などの文体のきれいな作品もお薦めなのですが、その意味でお薦めしたいのが『遠野物語』柳田国男著)です。ずっと鞄に入れておいて、旅先で何度も読んでいます。読むたびに感情にマッチする話が違っていて、まさにエキゾチックジャパンな気分になる1冊です。

tohnomonogatari

岩波文庫 定価:本体920円+税

 最後にお薦めしたいのが旅先で本屋さんに入って買った本を読む、です。これぞ旅打ちならぬ旅読みの醍醐味。ぜひ旅行の際は本屋さんをチェックして足を運んでください。ということで最後の1冊はそんな私が旅先の本屋さんでゲットした小説『探偵が早すぎる』井上真偽著)。事件を解決するのが探偵という概念を覆し、事件を未然に防ぐ探偵が登場するミステリです。計画を妨げられた犯人が悔しがる様子がどこか「刑事コロンボ」を思わせる作品で、爽快感もありまさかの大どんでん返しもありで、好きな作品です。

tantei

講談社タイガ 定価:本体690円+税

 ということで、あんまり旅行と関係ないじゃないかという気もしないではないのですが。旅行と読書、是非お試しくださいませ。

 

〈「きらら」2018年7月号掲載〉

今月のイチオシ本 【ミステリー小説】
今月のイチオシ本 【エンタメ小説】