HKT48の田島芽瑠の読メル幸せ

第13回


五月になりました🎏

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
春から初夏へと季節は変わり、徐々に暑くなってきましたね。

私が子供の頃は、いろんなお家で鯉のぼりを見かけてたんですけど、最近は減ってきたのかな?と感じます。
皆さんのお家には鯉のぼりありますか?

鯉のぼりを見ると、もう夏が始まるんだーって感じがして好きなんです。
片付ける頃には蝉が鳴き出して、本格的に夏が始まる。

私は夏が好きなんですが、周りには冬の方が好きな人が多いんですよね〜。
寒いのは着込めば我慢できるけど、夏は我慢できないじゃん!って言われます。
逆に私は、寒さで縮こまる感じが好きじゃないから開放的な夏の方が好きです(笑) 

今年の夏は、どんな夏になるかな〜。
夏のイベントが大好きだから、沢山楽しいイベントがありますよーに!
個人的には、プールにバーベキュー、夏だからこそできることがしたいです!!

今回は、暑い季節にぴったりなゾクゾクする本を紹介します📚

五十嵐貴久さん作 『リハーサル』です。

この作品は、五十嵐貴久さんの作品『リカ』のシリーズになっていて、現在『リカ』『リターン』『リバース』『リハーサル』の4冊が発売されています。

田島芽瑠ちゃん写真


※『リハーサル』は今年の2月21日に発売された最新刊です

※まだリカシリーズを読んだことがない方は、『リカ』からのご購入をオススメします。
 

一番最初に出版された「リカ」を読んだのは私が16歳の時でした。
読んだ時の衝撃は今でも忘れません。
こんなにも恐怖を感じた作品はありませんでした。

リカという名の女性が主人公のお話です。
一言で表すと化け物です、リカは。
同じ人間とは思えないほど、全てが常軌を逸している。

自分が手に入れたいと思ったものは確実に手に入れようとする。
邪魔するものは、排除排除排除。
手に入れたいと思うのは決まって、自分好みの男性。
特別イケメンでもなければ、お金持ちでもない、ごくごく平凡な男性がリカの好物なのだ。
普通の日常を何の躊躇もなくグチャグチャに壊していく、リカに振り回され壊されていく登場人物達。
手にじわじわと汗をかいて、鼓動が聞こえてくるくらいゾクゾクが止まらない。

ページをめくるたび、恐怖に包まれていく。
じわりじわりとリカが迫ってる気がして、本当に怖くなります。
でも何故か、読むのをやめられないんです。
なぜなんでしょうね。

登場人物達が、すべてリカのペースに、思惑通り転がされていくのを見てるだけなのがもどかしくてたまりません。
あー!もう!なんでよー!って叫んじゃいたくなる。

ホラーではなく、サイコホラー。
人間の怖さを感じる作品です。
貞子とかそういう感じではなく、人間って怖いって心の底から思います。

ずっと読んでると、何が間違いで何が正しいのかわからなくなりそうなくらい、読み手まで変になってしまいそうになる。
なのに、新刊が出るとすぐに買って読んでしまうし、心のどこかで早くリカシリーズ出ないかと待ちわびてる自分がいて、もう私はリカの餌食になってるのだと思います。

読み始めたら止められない、「リカ」にはそんな何かがあるんです。
これは読んだ人にしかわからない。
今もリカシリーズの魅力をたっぷり伝えたいのに、上手く言葉にできない自分がいます。

とにかく読んでほしい!

きっと、読んだら…
貴方もリカに振り回されることでしょう。

恐怖心はあるのに、ページをめくる手は止まらず、どんどん惹きこまれていく。

ぜひ読んでみてください。

私はこれからもリカを見守り、追い続けていきたいと思います。
次の発売予定である『リメンバー』も楽しみです。

それでは皆さん、良い本の旅を…。

田島芽瑠でした。