ほどなく、お別れです それぞれの灯火

hodonaku_2
悲しみの場所で強く生きる  私は霊感があるわけでも〝気〟に敏感なわけでもない。しかし〝悲しみの気配〟というものを確かに感じたことがある。  大学生の頃、私は葬儀場でアルバイトをしていた。告別式では、た