ボーンヤードは語らない

今月のイチオシ本【警察小説】
 海外の警察ドラマでは近年日系のキャラクターも珍しくなくなったが、純粋の日本人となると話は別。してみると本書に登場する九条漣なんか稀有な例だといいたいところだが、彼の出身はJ国で、所属するフラッグスタッフ署があるのも、アメリカならぬ平行世界のU国だ。本書は第二六回鮎川哲也賞受賞作『ジェリーフィッシュは凍らない』から始ま