佐久そるん

editor_06
◎編集者コラム◎ 『氷と蜜』佐久そるん  脳髄を激しく刺激された一作だった──  本作は、第1回日本おいしい小説大賞の最終候補の一作でした。冒頭は、選考委員・山本一力氏の選評の一節です。選考会では