又吉直樹

『今、出来る、精一杯。』刊行記念対談 ◆ 根本宗子 × 又吉直樹
人と関わることは、面倒くささをすべて引き受けるということ また一人、文学界に新たな才能が現れた。気鋭の劇作家・根本宗子の初小説『今、出来る、精一杯。』が大きな話題になっている。同作品は、根本が二十三歳の時に作・演出した舞台『今、出来る、精一杯。』をみずから小説化したものである。演劇界から文学界へ――その意気込みを語る相
又吉直樹さん『人間』
青春の挫折のその後を見てみたい きらら……待ち望まれていた初の長編『人間』を、読ませていただきました。非常に濃密な物語でした。以前から構想されていた作品だったのですか? 又吉……特に構想していたわけで