湊かなえ

minatosan
『未来』を書き出す際に決めていたのは、主人公とラストシーンだったという。 「デビュー一〇年の節目となる作品で何を書こうかと考えた結果、逃げ場のない子どもが主人公の物語にしようと決めました。今まさに逃げ