若松英輔

若松英輔「光であることば」第3回
詩を書くことでいのちの燈火を燃やし続けた若松さんにとって「詩歌のちから」 とは── 静寂の音信おとづれ  世の人々は悲しむ者を励ます。悲しむことは不幸である。早く悲しみを乗り
若松英輔「光であることば」第2回
二度目の緊急事態宣言発令直後に若松さんが書く「死」のこと、人生における「居場所」のこと―― 人生の門  悲しみや苦しみを生きるとき、まったく励まされないのも寂しいのかもし
若松英輔「光であることば」第1回
混迷の時代をどう生きるべきか――若松英輔さんが綴る明日を照らすことば よろこびについて  人は、よろこびがなくては生きていけない。からだが水を必要とするように、心はよろこ
若松英輔さん
 新連載「私の本は、あらゆるジャンルでご活躍される方々に、「この本のおかげで、いまの私がある」をテーマに、本のお話をお伺いする企画です。 第1回は、批評家であり、詩人でもある若松英輔さん
若松英輔さん
 新連載「私の本」は、あらゆるジャンルでご活躍されている方々に、「この本のおかげで、いまの私がある」をテーマに、本のお話をお伺いする企画です。 第1回は、批評家であり、詩人でもある若松英
若松英輔さん
 このたび、小説丸では新連載を始めます。その名も「私の本」。あらゆるジャンルでご活躍されている方々に、「この本のおかげで、いまの私がある」をテーマに、本のお話をお伺いする企画です。