西澤保彦

西澤保彦「ちゃんと聞いてる?」
「ねえ、あなた。あなたってば。ちょっと。聞いてる? ちゃんと聞いてちょうだい」 「ああ。うん。聞いてるよ。なんだっけ」  受話器を持ちなおすおれの股間をアンジーが鉤鼻をひくつかせ、覗き込んできた。両掌