野島伸司

野島伸司さん (脚本家)
 大学を中退してぶらぶらしていた頃、一時期、青森の缶詰工場に住み込みで働いていたことがありました。しかし、毎日深夜零時から正午まで、まるでロボットのように無言で働き続ける状況に気が滅入り、このままでは