隣人X

今月のイチオシ本【デビュー小説】
『隣人X』は、第14回小説現代長編新人賞の受賞作(鯨井あめ『晴れ、時々くらげを呼ぶ』と同時受賞)。それぞれに悩みを抱えた3人の女性が小説の軸になる。文学部の修士課程修了後、新卒派遣社員として大手企業