2022年啓文堂書店時代小説文庫大賞受賞! 藤元登四郎著『祇園「よし屋」の女医者』

 啓文堂書店全店で一ヶ月間販売した時代小説(文庫)のなかで、最も売り上げの多かった作品に贈られる賞「啓文堂書店時代小説文庫大賞」。フェアを終え、藤元登四郎さんの『祇園「よし屋」の女医者』が、2022年の第1位に輝きました!

 現役精神科医でもある著者による『祇園「よし屋」の女医者』は、江戸時代の京都祇園を舞台にした、さわやかな医療時代小説です。

 書店でぜひ、チェックしてみてください。

 昨年の啓文堂時代小説文庫大賞では、根津潤太郎さんの『看取り医 独庵』が大賞を受賞。こちらもあわせてお楽しみください。

看取り医 独庵

『看取り医 独庵』
根津潤太郎

辻堂ゆめ「辻堂ホームズ子育て事件簿」第18回
採れたて本!【評論】