文芸ニュース

『海が見える家 それから』ためし読み
 幸福のあり方を問う小説、はらだみずきさんの『海が見える家』は、夏を迎えると重版する、不思議な売れ方を続けています。おかげさまで今年の夏も、多くの書店さんからご注文をいただきました。ありがとうござい
top_ニュース用
 本サイトの人気連載「読メル幸せ」連載中のHKT48の田島芽瑠ちゃんが、中澤日菜子さんの『お願いオムライス』に出てくるオムライスを作るなどなど、大反響をよんでいる「#読もう食べよう」企画。  続いては
top_ニュース用
 おうち時間、いかがお過ごしでしょうか? 「小説丸」読者のみなさまにおかれましては、自宅で好きな小説を読んでいることでしょう。でも、ちょっと飽きてきてないですか? そうお嘆きの小説好きのみなさんに、「
第2回警察小説大賞バナー
 ついに、第2回警察小説大賞が決定いたしました。第2回警察小説大賞は、数多の応募作の中から、2度の選考を経て4作の最終候補作を選出。相場英雄氏、長岡弘樹氏、「STORY BOX」編集長の幾野克哉による
shosetsumaru_thumb
 それはまだ暑さの残る昨年10月の下旬のこと。荻窪のとある本屋さんに客として入った私は、じっくり本を物色した末に、1冊の本を買いました。のどの渇きを覚え、奥の喫茶コーナーでアイスカフェラテを飲みました
nishi_nogizaka46
『サラバ!』で多くの読者のこころをつかんだ直木賞作家・西加奈子さんの短編小説「サムのこと」「猿に会う」の2作が、人気アイドルグループ「乃木坂46」4期生11名の出演で連続ドラマ化されることが発表されま
shosetsumaru_thumb
 警察小説大賞は、時代を動かす新たな書き手を発掘し、原作を映画化、コミック化など多面的な展開につなげていくための新人賞です。 第2回警察小説大賞には、平成30年11月27日から令和元年9月30日の締め
【ニュース】ニッチェも驚愕。ミステリ新刊が話題!
 11月16日(土)放送のTBS系「王様のブランチ」ブックコーナーの特集で、江戸川乱歩賞作家・川瀬七緒さんによる最新作『賞金稼ぎスリーサム!』が紹介されました。  東京の下町で起きたペットショップ放
島本理生さん × 伊藤朱里さんトークイベント&サイン会のお知らせ
島本理生さん『夜 は お し ま い』(講談社)、伊藤朱里さん『きみはだれかのどうでもいい人』(小学館)刊行記念 島本理生さん × 伊藤朱里さんトークイベント&サイン会  下記詳細、大盛堂書店さんより
江國香織と読書会 『旅ドロップ』のはるかな世界へ── byみんなの読書会
 直木賞作家の江國香織さんと、本について語り合う「読書会」が開催されることになりました!   課題本は『旅ドロップ』(江國香織 著)。いきあたりばったりの旅先で出合った、特別な場所、人、動物、食べ物、
shosetsumaru_thumb
 台風19号の影響で、3連休の予定がおじゃんに…、という方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。関東にお住まいの方、明日はできる限り外出しないようにしてください!  さて、一日おうちにいるのも退
top_ニュース用
 2019年5月24日(金)、如水会館(東京都・千代田区)にて第20回小学館文庫小説賞の贈呈式が行われました。 今回の受賞作は、黒田麻優子さんの『春がまた来る』。 東京の端でルームシェアをする4人の大
『都立水商1年A組』(室積 光 著)ためし読みスタート!
「小説丸」とビジュアルブログ「g.o.a.t」が連携し、発売前の小説を先行公開する話題の企画。第3弾は、ドラマ化が決定した『都立水商!』待望の続編となる室積 光 著『都立水商1年A組』(小学館文庫)で
洋食異界ミステリー『冥土ごはん 洋食店 幽明軒』(伽古屋圭市著)第一話まるごとためし読みスタート!
「小説丸」とビジュアルブログ「g.o.a.t」が連携し、発売前の小説を先行公開する話題の企画。第1弾では、ミステリー小説『無事に返してほしければ』(白河三兎著)を掲載し、たくさんのみなさまにご好評をい
話題のミステリー小説『無事に返してほしければ』(白河三兎著)ためし読み開始!
 本日より、「小説丸」とビジュアルブログ「g.o.a.t」が連携し、発売前の小説を一部先行公開します。  公開第一弾として、10月25日発売のミステリー小説『無事に返してほしければ』(著:白河三兎)の
蛭田亜紗子 × 石田ニコル 『フィッターXの異常な愛情』 刊行記念トークショー
──本日のトークショー、どうぞよろしくお願いいたします。おふたりは今日が初対面なんですよね? 蛭田 はい、さっき控え室でお会いしたのが初めてです。それにしても間近で向き合うと本当にお人形のような……。
oishi
 このたび、食の描写に秀でたフィクションの書き手の発掘を目的として、「日本おいしい小説大賞」を創設いたします。  小説家にとって腕の見せ所と言われているのが、食の描写です。 池波正太郎『鬼平犯科帳』の
bungei
本日5月25日(金)、如水会館(東京都・千代田区)にて第19回小学館文庫小説賞の贈呈式が行われました。 今回の受賞作は、長月雨音さんの『ほどなく、お別れです』です。長月さん、おめでとうございます!!