◎編集者コラム◎ 『あなたをずっと、さがしてた』蘇部健一

◎編集者コラム◎

『あなたをずっと、さがしてた』蘇部健一


「小説X」。2017年秋に実施した小説Xキャンペーンをご存知だろうか。ネットで期間限定無料全文公開、小説のタイトルを募集するという前代未聞の大型企画。ネット上では大変な盛り上がりを見せ、20000人が小説を閲覧、タイトル募集には1200通もの応募が。厳正な審査を経て、タイトルは『あなたをずっと、さがしてた』に決定。これはいける! と踏んだ担当(私)は、その勢いを借りて2018年1月に単行本を発売。予定としては、さらなる爆発的ヒットを経て、蘇部健一をミリオンセラー作家に仕立てる! となるはずだった。ところが……。

 人は、無料だと読んでくれる上に、大大大絶賛してくれるのだが、お金を払うとなると、なかなか読んでもらえない……。あの経験は編集者として、いや人として、一回りも、二回りも私を大きくしてくれた気がします。

 そんな小説X『あなたをずっと、さがしてた』。文庫化して大丈夫か? と社内外関係各所からの心配の声もございました。ですが、読み返すとやはりバカミスの旗手・蘇部健一氏の本領発揮! ミステリーのトリックを発想する力には、ただただ脱帽。内容を知っていても結末に震撼させられ、自信を持っておすすめできる1冊です。皆さんには、是非期待しないで読んでいただきたい。あなたを、鬱々とした現実世界から引っぺがし、さらなる魔窟へと誘ってくれること間違いなし。さらに書き下ろし「ぬあがーいあとがき」を読むと、自分の置かれた境遇が、案外幸せなのかもしれないと、不思議と自己肯定感がわき上がってくるのである。

 作者の蘇部健一氏は、早稲田大学を優秀な成績で卒業し、名だたる作家を輩出してきたメフィスト賞を受賞。デビュー作『6枚のとんかつ』がシリーズ累計30万部を超える大ヒット!! と表舞台での輝かしい前半生を生きたあと、牛丼屋でのバイトを経て、現在はレストランの皿洗いのバイトに精を出す裏方稼業の毎日。大嫌いな音楽は、髙橋優さんの「あしたはきっと、いい日になる」。そして最近の蘇部さんの、近影と食事をご覧下さい。

あなたをずっと、さがしてた

 

あなたをずっと、さがしてた

 この風貌とこの晩ご飯、この人が面白い小説を書けないわけがない!! と、思いませんか? フードの下から覗く蘇部さんの、今にも何かをしでかしそうな眼差し、そう、ずーっっと蘇部さんの目を見続けて下さい。あなたは、小学館文庫『あなたをずっと、さがしてた』を買いたくなる…買いたくなる…。買いたくなる……。

 

 定価590円。1冊お買い上げいただくごとに、蘇部さんに59円入る仕組みになっております。蘇部さんに美味しいご飯を食べてもらうキャンペーン実施中。蘇部さんの毎日のご飯がのぞけるツイッター無料公開中!

 食事の内容の変化で、この文庫が売れたかどうかが分かります。

──『あなたをずっと、さがしてた』担当者より
 
思い出の味 ◈ 赤松利市
◎編集者コラム◎ 『死ぬがよく候〈四〉 風』坂岡 真