サラ・アーチャー

『ザ・プラスワン マリハラがつらくて、彼を自作してみた。』刊行記念!著者特別インタビュー
 小学館翻訳文庫の新刊『ザ・プラスワン マリハラがつらくて、彼を自作してみた。』(以下、『ザ・プラスワン』)はアメリカで脚本家として数々の作品を手がけたサラ・アーチャーの小説家デビュー作。シリコンバレ
◎編集者コラム◎ 『ザ・プラスワン マリハラがつらくて、カレを自作してみた。』著/サラ・アーチャー 訳/池本尚美
◎編集者コラム◎ 「ロボットとなると、御社にご紹介しないわけにはいきません」   こんなメールとともに、このアメリカの小説(原題「THE PLUS ONE」)の原稿が送られてきたのは今から2年ほど前