ジル・シメント

高見 浩『陪審員C-2の情事』
『陪審員C-2の情事』の味わい 人間だれしも──聖人君子でない限り──人生の先が見え始める年齢になれば、こんな思いがチラッと胸に浮かんだりしないだろうか。