森沢明夫

週末は書店へ行こう! 目利き書店員のブックガイド 今回の目利きさん うなぎBOOKS 本間悠さん
 あの頃、星占いは「恋愛」の欄を真っ先にチェックして、思いが通じるだの通じないだの、そんな記述に一喜一憂した。まだアルバイトだし、十分に健康だから、それ以外の欄に必要性を感じなかった。恋愛は、今振り返るととても簡単だった。男は女が好きで、女は男が好きだった。そして、「一人」が好きな人は、当たり前に「一人」で、それ以外の
◎編集者コラム◎ 『ぷくぷく』森沢明夫
 この本のタイトルを見てどんな小説だと思いますか? 福々しい? 浮かんでいる? 猫の肉球のよう? どれも近くて惜しい……。手にとって読んでいただければ、その意味はわかるはずですが、このタイトルは、10数本あったタイトル候補の中で、著者の森沢明夫さんがイチオシで、すんなり決まりました。
◇自著を語る◇  森沢明夫『ぷくぷく』
 誰の人生にも「壁」は付きものです。  しかも、その「壁」の種類は色々で、努力をすれば越えられる「壁」もあれば、あまりにも高すぎて、もはや絶望すら抱かせるような「壁」もあります。  最もよくある身近な