父のおともで文楽へ

伊多波碧さん
 37歳、契約社員、一人娘はまだ小学生。将来に不安だらけのシングルマザーが、文楽という古典芸能を通じて自身の生き方を見直していく『父のおともで文楽へ』。文楽の魅力と女性の生き方を絡めた同作の執筆背景に