読売文学賞

著者の窓 第11回 ◈ 平松洋子『父のビスコ』
本日2月1日(火)、第73回読売文学賞受賞作が発表され、随筆・紀行賞を『父のビスコ』(平松洋子著)が受賞しました。『父のビスコ』は著者初となる自伝的エッセイ集。幼少期や家族のこと、生まれ育った倉敷について、滋味深い筆致で綴っています。