鈴木マキコ

makikosan
──『おめでたい女』は鈴木さんご自身の離婚体験を描いた私小説とお聞きしました。離婚というモチーフを真正面から描こうと思われたきっかけは何だったのでしょう。 鈴木……もしかすると私の不勉強かもしれませ