鬼田隆治

Taikyoku
みっともなくても生きてみるか  高校生の頃、中学生時代にほとんどの作品を読破していた、北方謙三氏をお見かけしたことがあります。お金がなく、友人と二人で青山界隈をぶらぶらしていた時、一台のオープンカーが