◎編集者コラム◎ 『新章 神様のカルテ』夏川草介

◎編集者コラム◎

『新章 神様のカルテ』夏川草介


新章 神様のカルテ

 累計330万部を超えるベストセラーシリーズ『神様のカルテ』が、2021年1月クールのドラマとして主演に福士蒼汰さん、清野菜名さんをお迎えし、2時間×4話の計8時間という大型スペシャルで放送されます!

 2011年、2014年には映画化もされており、櫻井翔さんと宮崎あおいさんが夫婦役を演じてくださいましたが、今回の新ドラマでは『神様のカルテ』『神様のカルテ2』『神様のカルテ3』『新章 神様のカルテ』の長編4作を原作に新たな物語を展開します。まだまだ発表出来ていない豪華過ぎるキャストの方々に、頂いた脚本に目を通すだけで胸が熱くなりました!来年の放送に向け、これから続々と情報をお届けしていきますので、お楽しみに!

 さて、今回のドラマ化に合わせシリーズ最新作『新章 神様のカルテ』が文庫化されました! 長野県松本市に暮らす主人公の青年内科医・栗原一止が、地域医療支援病院から信濃大学病院へと籍を移し、2年が経過したところから物語は始まります。 

 今作では妻・榛名との間に小春という娘も生まれ、父となった一止も描かれています。文庫版には小春の誕生を描いた特別編「Birthday」も収録しているのでこちらもお楽しみください!

 話が逸れましたが、今作の新しい舞台である大学病院は、患者600人に医者1000人が対応する世界。その組織運営の矛盾を敏感に感じながらも、一止は何とか毎日を乗り切ってきました。しかし、29歳という若さで膵癌となった女性患者の治療法を巡り、局内の実権を握る准教授と衝突してしまいます……。

 新しい医療技術の習得と組織の人間関係に悩み成長する一止の行動と言葉は、前へ進むための大事な一歩をもらえるような、そんな力が溢れています。

 そして今作の文庫化にあたり、解説を小説家の乾石智子さんが書いてくださいました。乾石さんとはメールで原稿のやり取りさせていただいたのですが、その一通一通に美味しいごはんやお酒のこと、そのときの季節を感じる一言を添えてくだり、とても素敵なお方でした。本編と合わせ、ぜひ最後までお読みいただけますと嬉しいです。

 これまでのシリーズも続々と重版しております!原作もドラマもどうぞお楽しみください!

──『新章 神様のカルテ』担当者より

 

新章 神様のカルテ

『新章 神様のカルテ』
夏川草介

ハクマン 部屋と締切(デッドエンド)と私 第49回
今月のイチオシ本【エンタメ小説】