◎編集者コラム◎ 『警視庁特殊潜工班 ファントム』天見宏生

◎編集者コラム◎

『警視庁特殊潜工班 ファントム』天見宏生


警視庁特殊潜工班 ファントム
カバーとオビのデザインは、bookwallさん。膨大な量のラフデザインを作っていただき、その中から選ばれた、文庫書き下ろし警察小説の直球ど真ん中、それでいてスタイリッシュなデザインです(写真は、カバーとオビを入稿する際に使用するデータ。本文の初校ゲラも一緒に)。

 現在、文庫書き下ろし警察小説は、文庫市場を支えている最重要ジャンルと言っても、過言ではありません。

 出版市場における文庫市場の占有率を見れば、間違いなく、出版界の大黒柱のジャンルとなっていて、今や、文庫書き下ろし時代小説と肩を並べる、一大ジャンルにまで成長しています。

 となれば当然、作家さんにとっても、最前線の最激戦区となるわけですが、その戦いに果敢にチャレンジしたのが、本書でデビューした、天見宏生先生です。

 一口に警察小説とは言うものの、組織軋轢物、アクションバトル物、本格捜査物、ピカレスクロマン物など、さまざまありますが、本書『警視庁特殊潜工班 ファントム』は、公安防諜物にあたるでしょう。

「警察官として未登録どころか、戸籍上、すでに死んだ者たちが、人知れずに人を守る」という設定の物語です。

「すでに死せる者たち」は、どんなに活躍しても、日常生活からすれば水面下での活動ですから、人から一切感謝をされませんし、評価すらされません。他者の目に入らないのだから、仕方がないと言えば、仕方がないのですが。

 SNSや配信サイトが世界中に普及したことで、人々の承認欲求が人類史上最も高まっている中、他者から目を向けられなくても、「すでに死せる者たち」が孤独な戦いを続けるのは、一体なぜなのか? 愛する人と会えなくなってまで、人を守るのは、どうしてなのか?

 時代の風潮に流されない人々、他者の評価軸で動かない人々は、いつの時代にも存在します。

 彼らが、一体どんな人生観、価値観で生きて、働いているのか?

 ひょっとしたら、その答えがこの作品にあるのかもしれません。

──『警視庁特殊潜工班 ファントム』担当者より

警視庁特殊潜工班 ファントム

『警視庁特殊潜工班 ファントム』
天見宏生

◎編集者コラム◎ 『警視庁特別捜査係 サン&ムーン』鈴峯紅也
◎編集者コラム◎ 『東京輪舞』月村了衛