◎編集者コラム◎ 『警部ヴィスティング 悪意』ヨルン・リーエル・ホルスト 訳/吉田 薫

◎編集者コラム◎

『警部ヴィスティング 悪意』ヨルン・リーエル・ホルスト 訳/吉田 薫


警部ヴィスティング映像化

 2022年(つまり今年)3月、ヴィスティングのドラマが遂に日本で放送される。
 スウェーデンに拠点を置く北欧No.1のローカル配信サービス Viaplay (ヴァイアプレイ)が制作したドラマを WOWOW が放送・配信する。
  WOWOW と言えば、ヘニング・マンケル原作の「刑事ヴァランダー」シリーズ、ユッシ・エーズラ・オールスン原作の「特捜部Q」シリーズの放映も WOWOW だ。これでわが「ヴィスティング」も、北欧物オールスターの一員に認められたようでうれしい。

 本シリーズの第1作『警部ヴィスティング カタリーナ・コード』刊行の際、このコラムでこんなことを書いた。

「ノルウェー警察の「ヴィスティング警部」が日本に初めて登場したのは2015年のことだった。書店で見たハヤカワ・ミステリの一冊、グレーの表紙に巻かれた真紅の帯に、〈「ガラスの鍵」賞 マルティン・ベック賞 ゴールデン・リボルバー賞 三冠受賞!〉の文字が燦然と輝いていた。――ところがその『猟犬』以降、著者ヨルン・リーエル・ホルストの名も、ヴィスティングの名前も、絶えて見ることがなくなっていた。」

 ヴィスティングに再会したのは3年後の2018年、毎年10月に開催されていたフランクフルト・ブックフェアでのことだった。恒例になっていたスウェーデンのエージェント(版権代理人)サロモンソン・エージェンシーとのミーティングで、手渡されたライツカタログをめくっていると、雪原の上に十字架の形で男が横たわる絵に載せられた〝WISTING〟の7文字が目に飛び込んできた。やった、見つけた! と思ったものである。

 あれからさらに3年以上も経ち、ヴィスティングの「コールドケース・シリーズ」も3作目を刊行する運びとなった。折しも飛び込んできたニュースが、冒頭の WOWOW によるドラマ放送だった。そしてここからは非公式だが、ドラマの第2弾は本作が原作になっているという。最近、そんな噂が流れてきた。また新たな楽しみができたところである。

【あらすじ】
 二人の女性に対する暴行・殺人・死体遺棄の罪で服役中の男が、第三の殺人を告白した。
 男は、死体を遺棄した場所を供述する見返りに、世界一人道的とされる刑務所へ身柄を移送しろという。
 ラルヴィク警察の主任警部ヴィスティングらが警備態勢を敷く中、手足を拘束された男が現場に到着した。転倒を繰り返したため足枷が外されると、一瞬の隙をついて男が走り出す。直後爆発が起こり、男の姿は忽然と消えた。
 残虐な犯罪を繰り返してきた男には、共犯者がいるとされていた。今回の逃亡にもその人物が関与したのか。目の前で逃亡を許したヴィスティングの追跡が始まる。

    
──『警部ヴィスティング 悪意』担当者より

警部ヴィスティング 悪意

『警部ヴィスティング 悪意』
ヨルン・リーエル・ホルスト 訳/吉田 薫

ゲスト/東畑開人さん◇書店員が気になった本!の著者と本のテーマについて語りまくって日々のモヤモヤを解きほぐしながらこれからの生き方と社会について考える対談◇第10回
『正欲』朝井リョウ/著▷「2022年本屋大賞」ノミネート作を担当編集者が全力PR