◎編集者コラム◎ 『十津川警部 仙山線〈秘境駅〉の少女』西村京太郎

◎編集者コラム◎

『十津川警部 仙山線〈秘境駅〉の少女』西村京太郎


十津川警部書影

 2022年3月6日。突然のニュースに言葉を失いました。西村京太郎先生ご逝去の報。
 小学館の文芸PR誌として1974年から現在まで続く「本の窓」(20220年12月よりWEBマガジン)でも、西村先生には幾度も連載をしていただきました。同誌での最後の作品となった「十津川警部 四国まんなか千年ものがたり 四国 土讃線を旅する女と男」の最終回は2020年12月号。その後コロナ禍で先生にお会いするのもなかなか叶わず……。先生のお元気そうなご様子に、状況も落ち着いたところで、今後のことについてお話を進めていた矢先でした。

 今回の文庫新刊『十津川警部 仙山線〈秘境駅〉の少女』も「本の窓」での連載を経たものです。死期が迫った無期懲役囚の男から突然の依頼を受けた十津川警部。それは、自分の写真をある女性に渡してほしいというもの。当時15歳だった女性とその男が15年前に出会ったという仙山線の三ツ森駅に十津川は向かいますが、無人駅で廃止が決まった駅に、女性の消息のヒントとなるようなものは見出せません。その後、十津川がある情報を得たことで、宮城から京都へと舞台は一転します。そこから先は思いもよらぬ歴史の闇がかかわってくるのですが……。京都をよく知る西村先生だからこその深い内容に息を呑みます。物語はぜひ文庫でお楽しみください。

 ところで、山前譲さんが解説にも書かれていますが、三ツ森駅のひとつ隣、作並駅付近には「美女づくりの湯」といわれる作並温泉があるそうです。これはぜひ足を運ばねば……。宮城、山形のグルメも堪能して、と想像は膨らみます。
 トラベルミステリーというジャンルを世に広め、読む者、観る者を魅了する作品を生み出し続けてこられた西村京太郎先生。640冊を超えるオリジナル著作は、これからも多くのファンを楽しませてくれることでしょう。

 最後に、長年の担当編集者による寄稿文(「本の窓」2020年5月号掲載)をご紹介したいと思います。西村先生の静かな佇まいを想像して、しみじみしてしまいます。

──『十津川警部 仙山線〈秘境駅〉の少女』担当者より

十津川警部 仙山線〈秘境駅の少女〉

『十津川警部 仙山線〈秘境駅〉の少女』
西村京太郎

ゲスト/大前粟生さん◇書店員が気になった本!の著者と本のテーマについて語りまくって日々のモヤモヤを解きほぐしながらこれからの生き方と社会について考える対談◇第13回
ポンコツ同士の絆に胸キュン!映画『TANG タング』から本予告映像&最新場面カットが到着!!