ハクマン 部屋と締切(デッドエンド)と私 第68回

ハクマン第68回コロナワクチン接種後1時間。
「副作用が起きないことに
ワンチャン賭ける」作戦でいく。

現在「コロナワクチンを接種して1時間」という今まさにキマりたての状態でこれを書いている。
現在のところ、発熱や痛み、後に「見えないものが見えた」と供述、という状態にはなっていないが、医師の説明によると、普通に38度台の熱が出て、その80%以上が女性だというので、ついつい「遺伝子上女(笑)」が(真顔)になってしまった。

それらの症状が出て、2日ぐらい仕事が出来なくなったらどうするかという問題に関しては今のところ「無策」である。
しかし、定職についていない時点で、人生の総合テーマ自体が「無策」なので、方針は全くブレていない、初志貫徹と言っても良い。
ただ唯一作戦があるとしたら「副作用が起きないことにワンチャン賭ける」である。

ただ、ワクチンの副反応には個人差があり、それに対する休暇や休業補償が定められていないため、多くの人がワンチャン賭けてワクチンガチャに挑んでいるというのが現状と思われる。

人々の狙いは「コロナに効果あり、副反応なし」のSRだが「効果あり、副反応あり」のRの人も多いだろうし、中には「副反応ありでコロナにもバッチリ罹った」という芸術点の高いドブを引く人もおそらくいるはずだ。

私の狙いはもちろんSSRの「5G接続」だが、針が虹回転してなかったので、おそらくR、最悪ドブの可能性もある。
ソシャカスとしてはぜひ出るまで打ちたいところだが、何と10連ワクチンどころか、今のところ1人当たり2枚しかガチャチケットが配られていないらしい。
FGOですら、月初5回はタダで引かせてくれるのに、あまりにも渋すぎる。
正直、国には税金という形でFGOよりもずっと廃課金しているのだ、たまには赤字覚悟でプレイヤーにバックしないと、日本ユーザーは減る一方である。
ぜひ「ワクチン1億本接種記念キャンペーン、ログインで10万円支給」とかに期待したい。
モデルナ、ファイザー以外の新キャラももっと増やした方がいいだろう。

このように、ワクチンを打って起こる効果はランダムなため、副反応への対応も、体調が悪くなろうが5Gに接続しようが、まさかのダイアルアップで「ピー…ガガガガー…」とアラフォー以上しか聞いたことがない音を発するようになろうが、一律「コロナワクチン休暇」を与える、限りなく透明に近いホワイト企業もあれば、普通に病欠扱いで己の有給を使わざるを得ない企業まで様々のようである。

 
次回更新予定日
カレー沢薫(かれーざわ・かおる)

漫画家、エッセイスト。漫画『クレムリン』でデビュー。 エッセイ作品に『負ける技術』『ブスの本懐』(太田出版)など多数。

伊吹亜門『幻月と探偵』
ゲスト/ブレイディみかこさん◇書店員が気になった本!の著者と本のテーマについて語りまくって日々のモヤモヤを解きほぐしながらこれからの生き方と社会について考える対談◇第5回