法月綸太郎 ◈ 作家のおすすめどんでん返し 13

1話4ページ、2000字で世界が反転するショートストーリーのアンソロジー『超短編! 大どんでん返し』が売れています。執筆陣が、大ヒットを記念して、どんでん返しを楽しめる映画やアニメ、テレビドラマ、実話怪談など、さまざまな作品を紹介してくださいました! ぜひチェックしてみてください。


作家のおすすめどんでん返し 13
フィニッシング・ストローク(最後の一撃)のお手本

法月綸太郎 

「どんでん返し」に欠かせないものといえば、やはりフィニッシング・ストローク――最後の一行で物語をひっくり返すのが一番の妙味でしょう。おすすめ作品を挙げるなら、テリー・ビッスンの「マックたち」(中村融訳)。文庫本で20ページ足らずの短編ですが、ラストの一行(正確には一語)できれいに落ちる。「?」→「!」となるサプライズと納得感のコンビネーションが絶妙で、完璧なショートストーリーだと思います。

 ビッスンは「現代のホラ話」を得意とするアメリカのSF作家。1999年に発表された「マックたち」はマイルストーン的な風格を備えた傑作ですが、もちろん「どんでん返し」の鮮やかさだけが売りではありません。オクラホマシティの連邦政府ビルが爆破され、168名が死亡した1995年のテロ事件を下敷きにした社会派の諷刺SFで、被害者の権利と遺族の感情を尊重するため、爆破犯ティモシー・マクベイのクローン(=マックたち)を遺族に配付、好きなように「処分」させてから5年後、という物騒な設定になっています。面白いのはインタビュー形式の語りで、被害者遺族と関係者の回答を数珠つなぎにした構成から、「合法的決着」にまつわるグロテスクな顛末が浮き彫りになっていく(クローン培養施設の責任者が漏らす「パンドラの箱をあけたんだと思いました」という台詞が象徴的)。ラディカルな思考実験を通して「法と正義」の限界状況を問うているので、ミステリー読者にもおすすめしたい短編です。

「マックたち」が収録されているのは山岸真編『90年代SF傑作選[下]』(ハヤカワ文庫SF)、テリー・ビッスン『平ら山を越えて(奇想コレクション)』(河出書房新社)――ただし現在はいずれも新刊では購入できないようで、手軽に読めないのがネックなのですが、図書館で探すなり何なりしてぜひ見つけてください。苦労して探すだけの価値はあります。


法月綸太郎(のりづき・りんたろう)
1964年島根県松江市生まれ。京都大学法学部卒業。88年『密閉教室』でデビュー。2002年「都市伝説パズル」で第55回日本推理作家協会賞(短編部門)、05年『生首に聞いてみろ』で第5回本格ミステリ大賞を受賞。『一の悲劇』『キングを探せ』『ノックス・マシン』『挑戦者たち』『赤い部屋異聞』など著書多数。

超短編!大どんでん返し

『超短編! 大どんでん返し』
編/小学館文庫編集部

ゲスト/田房永子さん◇書店員が気になった本!の著者と本のテーマについて語りまくって日々のモヤモヤを解きほぐしながらこれからの生き方と社会について考える対談◇第4回
◇長編小説◇里見 蘭「漂白」連載第155回