本の窓

ついに最終回!松浦弥太郎さん、イモトアヤコさん特別対談第3弾。一冊の本だけを売る「森岡書店」店主・森岡督行さん、直木賞候補作で大注目の砂原浩太朗さんが登場

いつでもどこでも本の世界が豊かに広がる──創刊42年、小学館のブックマガジン。小説、エッセイ、ノンフィクション、インタビュー、新刊情報も満載。毎月20日配信です。

 『本の窓』の楽しみ方  
○ 全体を通して読む→上の〈今すぐ読む〉から
○ 連載ごとに読む→下のバナーから気になる連載をクリック

○ 各連載をシェアする→バナーをクリック後、画面下のシェアボタンから
バックナンバーは2020年12月号からお楽しみいただけます

 バックナンバーはこちら

 

 特別対談 


松浦弥太郎 × イモトアヤコ 第3回

特別対談 松浦弥太郎 × イモトアヤコ 第3回

「ぜひお会いしたかった」という愛読者イモトさんに
『伝わるちから』著者松浦さんが「人生の作法」をわかりやすく指南します

 

 連載インタビュー 


「源流の人」森岡督行/森岡書店店主

「源流の人」森岡督行/森岡書店店主

時代に流されず、常に新たな価値観を
発信し続ける人々を追う

 

 著者インタビュー 


「著者の窓」砂原浩太朗/『高瀬庄左衛門御留書』 第165回直木賞候補作を語る

「著者の窓」砂原浩太朗/『高瀬庄左衛門御留書』

話題の本の行間に迫る著者インタビュー

 

 エッセイ 


若松英輔「光であることば」

若松英輔「光であることば」

混迷の時代を生きるために

 
中村吉右衛門「二代目中村吉右衛門 四方山日記」

中村吉右衛門「二代目中村吉右衛門 四方山日記」

稀代の名優が描き綴る
舞台のうちそと

 
内田洋子「見知らぬイタリアを探して」

内田洋子「見知らぬイタリアを探して」

目に映っているのに見えていない
イタリアの日常にひそむ色彩を拾い集める

 
穂村弘「短歌のガチャポン」

穂村弘「短歌のガチャポン」

なんでもありの、
マジカルな短歌ワールドへご招待

 
はらだ有彩「『烈』女の一生」

はらだ有彩「『烈』女の一生」

歴史に名を刻んだ女性の人生を
独自の視点で読み解く

 
酒井順子「女人京都」

酒井順子「女人京都」

京都に生きた歴史上の女性たちの
足跡を訪ねる歴史&旅エッセイ

 

 小 説 


真山仁「タングル」

真山仁「タングル」

世界を変える「量子コンピューター」をめぐる
超リアル国際エンターテインメント小説

 

  


最果タヒ「±愛している」

最果タヒ「±愛している」

中原中也賞、現代詩花椿賞ほか受賞
いま最も注目の詩人の今月の詩

 

表紙のことば