◎編集者コラム◎ 『付添い屋・六平太 鵺の巻 逢引き娘』金子成人

 ◎編集者コラム◎

『付添い屋・六平太 鵺の巻 逢引き娘』金子成人


編集者コラム 画像

"付添い屋"って、一体どんな職業なのでしょう。聞いたことがありますか?

 なんと江戸時代には、家柄の良い奥さんや娘さんたちが、うっかり漏らしてしまったオナラの犯人?役を買って出る、"屁負比丘尼(へおいびくに)"という付添いのお仕事があったそう。

 本作に登場する付添いの仕事内容は、もちろん、"屁負比丘尼"とは違います。

 裕福な商家の子女が花見や芝居見物などに出かける際、案内と警固を担う、というもの。

 仕事を請け負うのは主人公の侍で、その名を秋月六平太。二枚目にして、しかも、剣術の達人なのです。

 セレブな町娘とイケメンの剣豪とくれば、すぐに、「その場限りのラブロマンス!」なんて、大いに盛り上がりそうですけれど、残念ながら、シリーズ第1巻『龍の巻 留め女』から、ずっと情を通わせてきた髪結い女・おりきという、粋で美人なヒロインがいるのでした。

 久しく恋仲が続いているふたりの行く末も目が離せませんが、12巻目となる本作では、養子に出した六平太の一人息子で、江戸に出てきた穏蔵の存在が気になるところ。

 長年離れて暮らしていた穏蔵が、音羽の顔役・甚五郎の身内になって働きはじめたのはいいものの、ある悩みごとを聞いてほしいと六平太のもとへやって来ます。

 大きく成長した一人息子との微妙な間合いに、いまだ戸惑い、どうしても素直になれない六平太は、穏蔵にどう応えるのか──。

 そんな若き父親の主人公が、なんとも可愛らしく見えてしまうのは、さすがは、1997年に第16回向田邦子賞を受賞した金子成人先生。

 ドラマ時代劇『水戸黄門』『鬼平犯科帳』などを手がけた、伝説の脚本家が書き下ろすのですから、恋愛に人情にチャンバラにと、盛りだくさんの楽しさで、ページをめくる手が止まらなくなること請け合いです。

 ついつい徹夜してしまうのを、覚悟しないといけないかも。

 累計40万部を突破した、読んで得する大ヒットシリーズの最新刊を、ぜひお手元に。

──『付添い屋・六平太 鵺の巻 逢引き娘』担当者より
 

syoei

滞米こじらせ日記~愛しきダメな隣人たち~ 桐江キミコ 特別編(小説) 三郎さんのトリロジー①
◎編集者コラム◎ 『突きの鬼一 赤蜻 』鈴木英治