田島芽瑠の「読メル幸せ」第48回

田島芽瑠の読メル幸せ

第48回


4月になりました🌸

読メル幸せと共に迎える春は4年目になりますね。
HKT48は卒業しましたが、「読メル幸せ」の継続が決まりました?
この空間が変わらずに続けられることを嬉しく思います。

今年の春は変化の春でした。
10年間お世話になりましたHKT48を卒業し、春からは株式会社mama&son に移籍し女優さんを目指して新しいスタートを切りました。
現在テレビ東京系列で放送中のドラマ「吉祥寺ルーザーズ」に出演させていただいており、私は博多からやってきた生意気なキャバ嬢〝望月舞〟ちゃんを演じさせていただいております!
ルーザーズの皆様や現場のスタッフの皆さんが凄くあったかくて優しくて毎回楽しく撮影させていただいております? 毎週月曜日夜11時6分から放送です!第二話もお楽しみに✌
一気に周りの環境がガラッと変わって慌ただしく過ぎていく毎日に感謝の気持ちでいっぱいです。
昔から「私は卒業した次の日から仕事がいただけるくらい頑張りたい」って言っていたので、それが本当に叶って卒業公演の次の日からドラマのクランクインができたことを誇りに思います。
いつだって田島芽瑠で良かったと思える人生を皆さんと共に歩んで行きたいです☺

そんな私が導かれるようにして手に取った作品を今回はご紹介します!
新川帆立さんの『元彼の遺言状』です。

読メル幸せ

現在ドラマ化されているこの作品は題名の通り元彼の遺言状を巡って繰り広げられるミステリー小説です。
そもそも元彼が遺言状を残すって時点でなかなかない展開にワクワクさせられますが、その内容がまた面白いのです。

「僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る」
はて?犯人に財産を譲る?自分を殺した犯人に莫大な資金を提供するなんてそんな話がありますか?
主人公で弁護士の剣持麗子は数百億円ともいわれる遺産を勝ち取るべく依頼人を犯人に仕立てあげ「犯人選考会」に出席する。
ところが遺言状が入った大事な金庫が盗まれたり、それどころがじゃない事態が次々に発生し、そんな中で元彼栄治の死の真相に迫っていき自分にとっての大切なものを麗子自身も見つけていく、そんな物語です。

読メル幸せ

剣持麗子の勢いのある始まりに思わず笑ってしまいました。彼女の迫力は常に紙面を越えて届いてきます。なんだか愛おしくて憎めない。そんな主人公です。
麗子には嫌がられると思うけど会ったら抱きしめてあげたいなって、そう思った時にふと自分もそうされたいのだと思いました。
頑張り続けて空回りしちゃうとことか、次!次って目標が更新されていって進み続けちゃうところとか自分と重なる部分も多くて、だからこそほっとけないのだと思います。
彼女が弁護士を目指そうと思った理由がわかった時、勝手にうるっとしちゃったな。強がりのようでありのままに生きてる剣持麗子が好きになりました。

読メル幸せ

今回は犯人を見つける!というよりも犯人を作り出すというちょっと不思議な物語なので、実際に誰が元彼の栄二を殺したのかは私はそこまで着目はしてなかったのですが、意外なところで話が繋がってきたり、まさかな出来事が増えてきて麗子が段々と熱が上がっていくのと同じように、推理に夢中になっちゃって楽しかった!主人公と同じように身を乗り出していける感覚は心地よかったです☺

疾走感のある物語。時間がないこの季節でもサクッと楽しめるのでオススメです✨

良い本の旅を。田島芽瑠でした。

読メル幸せ

(次回は5月中旬に更新予定です)

 
「読メル幸せ」連載開始直前緊急Q&A!はこちら

「読メル幸せ」特別企画 田島芽瑠の一問一答!はこちら

▼Mama&Son オフィシャルサイト
http://mamaandson.jp/

▼田島芽瑠さんのプロフィールはこちら
http://mamaandson.jp/talent/merutashima/

週末は書店へ行こう! 目利き書店員のブックガイド vol.38 うなぎBOOKS 本間 悠さん
根本宗子『今、出来る、精一杯。』刊行カウントダウンエッセイその1「小説との距離感」