HKT48の田島芽瑠の読メル幸せ

第8回


もうすぐ2018年が終わりますね。
1年の早さに驚くばかりです。
あっという間に時間が過ぎて、この1年何かしたかな? って考えちゃう事もあります。

今年1年も色んな事を経験させていただきました。
連載が始まったり、「ラーメンにシャンデリア」で解説を書かせていただいたり、小学館さんのおかげで大好きな本に関わるお仕事が増えました。

小学館さんをはじめ
読メル幸せを読んでくださってる皆様
本当にありがとうございます。

2019年も応援よろしくお願いします!!

2018年の最後に紹介させていただくのは

早見和真さんの「小説王」です。

早見和真さんの「イノセント・デイズ」を読んだことがあって、そのときに衝撃を受けました。
美しさや尊さ、切なさと清らかさ、
残酷さを包み込むような温かさを感じる作品でした。

今回の「小説王」は全く雰囲気が違う作品で、正直に言うと調べるまで「イノセント・デイズ」と同じ作者さんだとは気がつきませんでした。

読メル幸せ 小説王


売れない作家と崖っぷちに立つ編集者の戦い。
1冊の本を中心に、様々な人を巻き込みながら熱がどんどん上がっていく凄い熱さを感じる作品でした。 

小説家と出版社の関係や裏側が見れるのはなかなかないので、なんだかドキドキしました。
驚きの発見もあったり、意外とこうなんだってリアルに感じました。

「自分はどうしてこんなに日本語に不自由なんだろうって、どうして伝えたいことを素直に書くことができないんだろう」って部分も共感しちゃいました。
頭の中に浮かんでたり、心の内に感じてることも、文字にすると上手く書けなくて、自分の力の無さにいつも落ち込みます。

でも、書くことは楽しい。
文章を書いてる時はあれこれ悩むのですが、書き終わった後のふって抜ける感じが好きなんです。
私もいつかは、書いてみたい。
自分の物語を誰かのために

私にとって本は、新しい世界への切符です。
手に取った瞬間に、見たことのない世界へと出発できる。

本を読んでる時だけは、現実を忘れられるので、
何度も救われました。
楽しくてしょうがないし、どんどん読みたいって思います。

一冊一冊に誰かの魂が込められていて、沢山の人の熱がこもってるからこそ、私達読者は魅了され、虜になるんです。 

改めて、私は小説が大好きだなとこの本を読んで思いました。

アイドル業界に「冬の時代」が訪れぬように、これからも熱く頑張ろう。 

良い本の旅を

そして、良いお年を。田島芽瑠でした。


 


「読メル幸せ」アーカイヴ
第13回▶︎五十嵐貴久さん『リハーサル』
第12回▶︎高山一実さん『トラペジウム』
第11回▶︎井上荒野さん『ママがやった』
第10回▶︎重松清さん『せんせい。』
第9回▶︎瀬尾まいこさん『強運の持ち主』
第8回▶︎早見和真さん『小説王』
第7回▶︎村上しいこさん『死にたい、ですか
第6回▶︎中田永一さん『ダンデライオン』
第5回▶朝井リョウさん『武道館』
第4回▶芦沢央さん『いつかの人質』
第3回▶宇佐美まことさん 『骨を弔う』
第2回▶今村夏子さん『星の子』
第1回▶森絵都さん『カラフル』

「読メル幸せ」連載開始直前緊急Q&A!はこちら

「読メル幸せ」特別企画 田島芽瑠の一問一答!はこちら

▼HKT48オフィシャルサイト
http://www.hkt48.jp/

▼田島芽瑠さんのプロフィールはこちら
http://www.hkt48.jp/profile/37