エリザベート・ヘルマン

◎編集者コラム◎ 『最終法廷』エリザベート・ヘルマン 訳/浅井晶子
 昨年7月、長くお世話になっているドイツ・ミステリのエージェントに、翻訳家・浅井晶子さんをご紹介いただいたのが、この企画の始まりでした。浅井さんには当初、2012年にハヤカワ・ミステリの一冊として刊行されたオリヴァー・ペチュ〈首斬り人の娘〉シリーズの第二作のリーディングをお願いしました。17世紀、南ドイツの小都市ショー