大沢在昌

◎編集者コラム◎ 『俺はエージェント』大沢在昌
◎編集者コラム◎  編集者としての会社人生を引き算で考え始めた頃、もう一度仕事をしたい作家の方がいました。直木賞作家の大沢在昌さんもその一人です。大沢さんとのお付き合いは「天牙(てんきば)」シリーズ(
osawasan-banar
筋や正義は人それぞれ。その衝突が物語を生む以上どんな役にも存在理由はある  鮫が、帰ってきた。 前作『絆回廊』から8年ごしの復活。90年刊の『新宿鮫』からは約30年目となる。 「鮫島は初登場の時が35