大谷瑠璃子

◎編集者コラム◎ 『ランナウェイ』著/ハーラン・コーベン 訳/田口俊樹 訳/大谷瑠璃子
◎編集者コラム◎  「巧すぎる……」   最初に本作の翻訳原稿を読み終えて、呆然。しばしフリーズした後、思わず恍惚として呟いてしまいました。   アメリカの作家、ハーラン・コーベン58歳。日本でもヒ
大谷瑠璃子さん
 ガスライティング──被害者に繰り返し誤った情報を提示し、被害者が自身の認知や感覚、正気を疑うように仕向ける心理的な虐待行為を、映画『ガス燈』にちなんでそう呼びます。最愛の夫を喪い心が不安定な時に、ガ
editor_04
◎編集者コラム◎ 「ガスライティング」という言葉をご存じですか? 脳科学者・中野信子さんの本書解説によると、〈繰り返し被害者の認知と感覚とを狂わせ、正気であるのかどうかを自分で確かめられないように
shosetsumaru_sansho_
◎編集者コラム◎ 「エドガー賞、シェイマス賞、アンソニー賞という米国の推理小説作家に贈られる主要三賞を受賞した初の作家」。「近著8作はすべてニューヨークタイムズのベストセラーリストで初登場1位を記録